【乳腺炎.com】〜疲労・ストレス〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nyuusennen★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは乳腺炎の原因のひとつ、疲労・ストレスについて詳しく説明しています。

乳腺炎を起こす原因として、疲労やストレスの蓄積が挙げられます。
もちろん乳腺炎などの病気に関わらず、体に疲れが溜まったりストレスが溜まっている状態というのは、言うまでもなく良いものではありません

体に疲れが溜まっていると、体内の血液循環が悪くなったり、新しい細胞を作り出す細胞の活性化に支障を来たしてしまいます。特に授乳中であれば健康的な母乳を作り出せなくなって、栄養分の乏しい乳汁になったり、母乳自体の量が減少してしまいます。赤ちゃんが健康的に発育するためには、母親がまず率先して健康的な生活を送る必要があるのです。

またストレスが溜まることも、非常に危険です。ストレスを感じるとホルモンの分泌に大きく影響し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。母乳を生成するのにホルモンの分泌は深く関係していますから、ホルモンバランスが崩れることも疲労と同じく母乳の生成に支障を来たします。

疲労もストレスも免疫力を低下させてしまいます。免疫力が低下すると、細菌感染も起こしやすくなりますし、全身性の疾患を起こしやすくなります。

出産後は育児にも家事にも追われ、自分でも知らないうちに今まで以上に疲労やストレスは溜まりやすくなります。母乳の為の食事制限で食べたいものを我慢したり、息抜きをしたくても発散する場所へ行く暇もない、なんてことが続くでしょう。
上手く周りの方、特にパートナーを巻き込んで、疲労もストレスも溜まりすぎない生活を送れるように心掛けましょう。


⇒ 授乳トラブル

⇒ 食事と栄養(原因)

⇒ 細菌感染

sponsored link



【乳腺炎.com】TOP

copyright©2014  【乳腺炎.com】〜原因・症状・治療・対処法〜  All Rights Reserved