【乳腺炎.com】〜授乳トラブル〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nyuusennen★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは乳腺炎の原因のひとつ、授乳トラブルについて詳しく説明しています。

乳腺炎を発症する原因で最も多いのが、授乳に関連するトラブルです。出産に伴って母親の体は赤ちゃんに栄養を与える為に、乳腺が発達し母乳を生成するようホルモンが急激に分泌されます。こうして授乳が出来る体へと変化していくのですが、年齢が若く初産の場合などは、乳腺の発達や乳管の開口が不十分だったりして、母乳が溜まって乳汁詰まりを起こしやすくなってしまいます。これにより急性うっ滞性乳腺炎を起こしてしまいます。

他にも、授乳時期に赤ちゃんの歯が生え始めると、授乳中に乳頭を噛まれてしまうことで小さな傷を負ってしまいます。元々吸うのが上手な赤ちゃんであれば、噛まれることなく問題なく授乳出来ますが、赤ちゃんも歯が生えてきてムズムズするため、つい噛んでしまう傾向にあります。こうして乳頭に傷が付くと、そこから細菌感染してしまい急性化膿性乳腺炎を起こしてしまいます。

初めての出産であれば特に授乳にトラブルは付き物です。しかしこれらは知識が無ければ起こっても仕方ないことでしょう。まずは乳腺炎にならないよう、正しい知識をもって予防するように心がけましょう。


⇒ 食事と栄養(原因)

⇒ 細菌感染

⇒ 疲労・ストレス

sponsored link



【乳腺炎.com】TOP

copyright©2014  【乳腺炎.com】〜原因・症状・治療・対処法〜  All Rights Reserved